新幹線対策特別委員会

IMG_2389
 6月16日、県議会の新幹線対策特別委員会が開催されました。私からは、敦賀以西ルート問題において、小浜-京都案と舞鶴案との比較を県が試算しているのか質問しました。その結果、建設コストで7000億円、所要時間で12分、料金が2000円余計にかかることが示されました。また、京都-新大阪間の北回りと南回りでも南の方が18㎞長く、7分余計にかかることが示されました。


産業常任委員会

IMG_2384
 6月13日、県議会の産業常任委員会が開催されました。観光営業部においては大河ドラマの取り組みについて、農林水産部については、ポストコシヒカリの戦略やコメの生産調整廃止後の方針、産業労働部においては東京のアンテナショップの考え方について質問をさせていただきました。


農政懇談会

oD9JRUyeM7oAaCL1466302623_1466302642
 6月9日、農政連芦原分会主催の「農政懇談会」に出席し、農家の皆さんから詳しく現状や課題を伺いました。国の農政方針や米価、環境対策、ポストこしひかり、グローバルギャップのことなど、多岐にわたって意見を拝聴しました。開催中の6月定例県議会の中で、早速議論ができるものから改善していこうと考えております。


九頭竜川下流パイプライン通水式

13321763_1018286794912347_668838708864161395_n
 6月2日、坂井市の鳴鹿にて九頭竜川下流域パイプラインの通水式が開催され、地元の県議会議員として出席しました。先輩議員である山本文雄議員が17年も長きに亘って牽引してきた事業で、事業総額1100億円を超える大事業です。やはり、大きな仕事を成し遂げるには、議員の年季が物を言うことを改めて思い知らされました。私の仕事の代表作である「県立芦原青年の家」が近く7月16日に新築移転オープンとなりますが、それも楽しみな1日となりました。


芦原温泉駅新幹線同盟会

IMG_5425
 5月27日、芦原温泉駅建設促進期成同盟会の総会に出席し、ご挨拶させていただきました。祝辞の中で、敦賀以西ルート問題の現状をお話し、年内決定を目指して一丸となることや、敦賀までの開業を早めるためにも予算獲得と用地買収に地元としてできる限りの努力をすること、そして大切な新幹線芦原温泉駅舎と駅周辺整備のデザインコンセプトの構築を成功させることなど、今年度の大事な点について出席者の皆様に心よりご協力をお願いいたしました。


シルバー人材センター総会

IMG_5424
 5月27日、あわら市シルバー人材センターの総会に出席しました。年6回発行する議員広報の1万部全戸配達でお世話になっており、議員活動の身近なパートナーだと感じております。渡辺会長や木下事務局長はじめ役員会員の皆様の努力により、今年も事業利益をしっかり出されており、順調に運営されているようで安心しました。今後ともシルバー世代のカガミとして活躍され、喜びをもって勤労される姿を通して市民県民に元気を与えてくださようお願いする祝辞を申し上げました。


あわら市商工会

IMG_5408
 5月24日、あわら市商工会の総代会に出席しました。この日は会員事業所の永年勤続表彰もあり、私の同級生の高田さんが30年表彰を受けられました。私からは祝辞の中で永年勤続者のご功労に敬意を費用するとともに、現在の経済状況から本県は全国的にも雇用状況は高く、景気も金沢開業などで観光産業を中心に向上しており、芦原温泉駅開業までの7年間でいかに持続可能な発展型のまちづくりをするかが掛かっており、商工会の役割が大きいことを申し上げました。


東京で北陸新幹線大会

13266035_1009952749079085_8196838176328923849_n
 5月20日、東京のホテルグランドパレスにて、北陸新幹線の大会に出席しました。長野、新潟、富山、石川、福井などの北信越5県の他、京都、大阪、関西広域連合、そして北信越と関西の経済界から多くの方が集まり、1日も早い新大阪までのフル規格での開業を決議しました。やはり敦賀以西ルート問題が佳境となっておりますが、石川県議会が米原ルートを決議しているため石川県知事は言葉を濁していましたが、新潟県の泉田知事が「運行主体のJRの意見が重要だ」と、福井県が押す「小浜-京都ルート案」を援護射撃してくれたのは意外でしたが、思わぬ味方が表れて嬉しかったです。


東北視察

IMG_2271
 5月11~13日、5年前に東日本大震災で被災した東北地方の宮城、岩手、青森の3県を視察しました。これは、仙台駅前の仙台朝市で、月の中25日と殆ど毎日朝市を開いており、地元仙台市民、宮城県民のみならず駅前の好立地を生かして観光客も見学に来るものです。最近では小中学校の生徒たちの体験学習を受け入れており、地産地消の直所としてや、地元産品の生きたミウジアムとしての役割を果たしているようです。この後、世界遺産の中尊寺、八戸市、十和田八甲田国立公園などを視察しました。


県北陸新幹線建設促進同盟会

13173877_1002299226511104_4926585288015942287_n
 5月8日、県の北陸新幹線建設促進同盟会の総会に出席しました。今年度の焦点は、敦賀以西ルートの年内決定です。現在、与党PTにて検討中であり、国交省が秋までに3つのルート(米原、小浜-京都、舞鶴)について距離や所要時間や建設コストについて調査し、それらを元にPTや政府与党検討会議で決定するとされています。私たち福井県は、長年主張してきた若狭ルートの一つである「小浜-京都ルート」(JR案)が選択されるように要望しているところであり、県議会も昨秋、今春と10回にわたって要請活動を重ねております。この日も、そのような要望項目を盛り込んだ決議文を採択し、全県が心を一つにいたしました。