産業常任委員会1日目

IMG_2693
 2月27日、県議会の産業常任委員会の1日目が開催されました。1日目は産業労働部と観光営業部の審査です。今議会は新年度予算の審議が主な案件です。私からは、31年度に福井で開催される宇宙技術国際シンポジウムや国際工芸サミットについて、県の関わり方やサポート体制について質しました。また、県内企業の株式公開を支援するステップアップファンドの創設について、12社を10年間支え、主な県内金融機関は殆どファンドに参加するることを確認しました。観光面では、第2恐竜博物館の立地を議論し、坂井地区に立地させて東西の導線を引き、石川県に逃がさない戦略を提言いたしました。また、PFI導入の可能性もあるとのことから、県と民間の役割分担の整理ができてないので、その点をよく検討するように促しました。明日は、観光営業部の予算議案と農林水産部の全般について審査いたします。


一般質問に立つ

IMG_7688
 2月22日、一般質問に立ちました。議長に就任してからは後輩の質問枠のために遠慮しなくてはならない立場にあり、4年ぶりの一般質問でした。今回は、私が12年間にわたって求めてきた「原子力レスキュー隊」が昨年末に美浜町に誕生したことから、原子力レスキュー隊の拡充のために補完すべき点や国立に昇格すべきであることを訴えました。また、北陸新幹線開業後の県民の利便性確保のために特急サンダーバードやしらさぎを、金沢や富山まで乗り入れ存続させるよう全県を挙げて、北陸3県一致団結して取り組むべきと主張いたしました。農業では、集落営農組織の合併等の再編促進、土地改良補助金の大幅減額に対する県の対策、減反廃止後の生産調整策、ポストこしひかりの作付けの徹底化、そして芦原温泉の開花亭旅館の再生について県のバックアップを求めるなど計12問を質しました。質問後に新聞記者が早速取材に来てくれたり、同僚議員から質問原稿を所望されたりと嬉しい反響がありました。久々の一般質問は、真っ直ぐ前を向いて正々堂々と壇上に立つことが、私の政治姿勢そのものだと感じさせてくれました。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/gikai/2017022203.html


同志邂逅

-storage-emulated-0-SilentCameraSoft-1486611796354
 2月9日、京都大学の松野文俊教授と初対面しました。二人とも幼いころから国際的な特殊レスキュー隊が現実に必要だと考えて来た者同志でした。お互いの存在を最近知って、この日初めてのご対面となりました。松野先生は阪神大震災でレスキューロボット開発を決意して第一人者に、私は県議として原子力レスキュー隊を提言して12年かけて昨年実現。これから力を合わせて夢の実現に取り掛かります。広く賛同者を集めて組織を作り、何世代にもわたっても世界人類のために実現させる決意です。この日私はこの上ない「同志」を得ました。奇しくも亡父と妹と従妹の命日でした。