6月県議会の一般質問

③
 6月28日、県議会で一般質問に立ちました。今回で6回連続となりますが、目指すべき「県民に寄り添う政治」に近づけていくために、丁寧に県民の声に耳を傾けて一つ一つ構築する質問に政治家としての原点と喜びを感じております。質問項目としては、①大雪対策の効果を問うとして、農業用ハウスの再建ぶりや企業や農家を救済する融資の利用状況、つぶれたイノシシ柵の修繕や、国道8号線の4車線化などを質しました。また、②「いちほまれ」の課題解消や③中山間地対策、④新幹線開業後の在来特急の存続、⑤並行在来線の石川県との共同乗り入れを求めました。最後に⑥「ドクターヘリの共同運航」について聞き、滋賀県とは10月に開始するという答弁を得ました。今回もあわら市民や商工会、農政連からご意見を伺いながら、質問づくりをさせていただきました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。