北潟西センターが落成

127784695_4515831225157869_1516198262249092536_o
 11月28日、あわら市の北潟西センター(区民館)が完成し、落成式典に出席しました。古橋区長から経過報告があり、そこには歴代の区長さんはじめ多くの関係者や区民の皆様のご苦労により、長年の大仕事が成し遂げられたことが物語られていました。また、佐孝幸一郎先生や仁佐市議会議員の奮闘や清水材木店さんなど工事関係者のご努力も知ることができ、外は氷雨の降る中でしたが、会館の中は大変温かい落成式典となりました。西区の皆様、おめでとうございます!


4つの同盟会の三国土木陳情に同行する

IMG_3759IMG_3779 
 11月25日、県道芦原停車場-北野線、県道水口-牛ノ谷線、南中央線、北潟サイクリングロードの4つ建設促進期成同盟会が三国土木事務所に要請活動を行い、これに地元県議として同行いたしました。それぞれ後山バイパス、牛ノ谷立体交差、菅野-稲越立体交差、北潟湖一周サイクリングロードとテーマがあります。その中で北潟湖の同盟会は今夏8月に設立されたばかりの同盟会で、今回が初の陳情となりました。私からは、それぞれ推進のポイントを上げて早く進むように促すとともに、課題のある点については双方が努力して解決するよう呼び掛けました。


鳥獣害対策を県と市に提言

IMG_3747IMG_3749 125974008_4480841631990162_4125293732423749124_o
 11月13日、「あわら鳥獣害対策研究会」から県とあわら市に政策提言を行いました。市民県民からの要請を受けて、昨夏8月にあわら市の県議、市議と市鳥獣害対策協議会長とで組織し、県、市、農業者、農政連、猟友会、専門家からヒアリングを重ね、現場視察も実施した上で、県と市の役割分担を整理した政策案を取りまとめました。来年度の当初予算編成に組み込んでもらうために、この時期の提出を選択しました。市議会議員さんたちの熱心な取り組みのお蔭で、鳥獣害に苦しむ人々に有効な政策を届ける一助となると思います。桜本副知事や佐々木市長も誠意ある対応をして下さり、提言の反映を期待しております。市民県民のために最後まで粘り強く政策提言まで漕ぎ着けてくれた研究会メンバーを心から誇りに思っております。


国の新幹線開業遅れの説明に抗議

125185231_4445712715503054_7904017861249290417_o
 11月12日、国土交通省と鉄道運輸機構が、福井県議会に北陸新幹線の工事遅延の説明と謝罪に来ました。説明を聞いた後に我々県会自民党は、山岸会長から「到底受け入れられない!」と遅延の断固拒否を宣言して、会派全員が席を蹴り退出しました。国と機構の失敗のツケを本県と県民に回すなど言語道断です。県と市町と民間にどれだけの損害が出るのか。謝って済む問題ではありません。フレーゲージの開発失敗から上下乗換式となり大型化した敦賀駅でまた失敗。北陸線の熊坂トンネルや北陸新幹線の飯山トンネルで失敗した「盤膨れ」の知見も生かせずまた失敗。3月に分かっていたことを今まで隠していたことにも不信感が重なるとともに、監督責任のある国交省から明確な謝罪の言葉も無かったことにも不誠実さを感じました。もう信用できません。県選出国会議員にも毅然とした対応を求めたいと思います。


政策提言の最終とりまとめ

124370982_4432725763468416_397580979228997677_n
 11月9日、あわら市鳥獣害対策研究会を開催しました。昨年8月から研究してきた鳥獣害の政策について今週中にも県と市に政策提言書を提出するために、今回は今までにメンバーから出された政策案を最終取りまとめしました。県と市の政策に分類し、それぞれの役割が機能するように整理し、「誘引物の除去、防護柵の設置管理、捕獲」の3テーマに区分けしました。一日も早く、あわら市民と県民に効果的な政策を届け、安心していただくために、メンバーは最後の追い込みに余念がありません。この日も、最終案をたたき台に専門家の意見を取り入れ、約1時間30分に亘って政策議論を重ね、重要な政策を絞り込みました。このような熱心なメンバーを大変に誇りに思います。


県農政連との意見交換会

123944079_4418792058195120_4085392596530682341_o
 11月6日、福井県農政連との意見交換会を開催し、県議会から26名の議員が参加ました。コロナ禍によるコメあまりや、農業施設の再編成、鳥獣害対策、食糧自給率、農産物の輸出入、大同合併後の課題などについて農業者の皆さんからお話をお聞きました。私からは、現在最終とりまとめをしている「あわら市鳥獣害対策研究会」の政策提言と重なる農政連各地区からの鳥獣害対策要望について詳しくお聴きし、解決の方策を探り、全県の農業者にも役立つ提言にするための質問を何点かさせていただくとともに、あわら市熊坂区で加害獣の進入阻止に大変有効だった「テキサスゲート」について紹介させていただきました。あわら市在住の北島友嗣会長のご指導の下、大変に前向きな活動を展開されている県農政連に深い敬意を持ちました。


新幹線議連で加賀トンネルを視察

IMG_3743IMG_3739IMG_3737
 11月5日、福井県議会の新幹線議連で開業遅れの要因として懸念されている石川県の加賀トンネルを視察しました。トンネル底下の地質が水と反応して傍聴し、底板を上に押し上げ、クラックが入っており、現在12mのPC鋼棒を下に打ち込んでアンカーで底板を抑える工事をしていました。これが横に4本ずつ合計約1400本打ち込む必要が出てきてしまい、完成遅延の恐れとなっています。所要時間としても大変厳しいとの鉄道運輸機構からの答弁もあり、緊張感が走りました。しかし、国が福井県と約束した開業期を守らないならば、それにより生じた損失は国が県や市に賠償しなければなりません。そうならないように、令和5年3月開業に何としても間に合わせてほしい旨、直接要望しました。