2月定例県議会 予算決算特別委員会

IMG_8559IMG_0344IMG_0486IMG_04903月11~12日、県議会の予算決算特別委員会が開催されました。2日目はテレビ放送されたのでご覧になった方もいらしたと思いますが、今回は40年超原発の再稼動議論を知事が議会に依頼したものの使用済み核燃料の中間貯蔵施設候補地の問題とリンクして渡そうとしたため、議会が「待った」を掛け、知事に材料を整理してからボールを投げるよう注文した形となりました。雄弁は銀。多弁は躓きのもと。重要課題ほど慎重な政治姿勢が求められます。大切な県民の安全がかかっていますし、むつ市の皆様にも失礼に当たるので、県議会が知事に丁寧さを求めた予算決算特別委員会となりました。桜本副知事という慎重で有能なスペシャリストがいるだから、もっとこの人財を生かさないという声が多くの議員から聞かれました。


厚生常任委員会

IMG_99663月2日、県議会の厚生常任委員会を開催しました。私からは知事が40年超原発の再稼動の前提としていた中間貯蔵の件を切り離した理由の確認とともに、それを整理するために論点として国、関電、大飯裁判、技術的検証、現場視察など、一つ一つ慎重に丁寧に吟味するべきで、私見としては今議会中に結論は出せないだろうと発言しました。また、コロナワクチン接種については、高齢者接種11,000人分の配分方法、接種予約の在り方、ワクチンの品質管理などについてチェックしながら議論しました。その一旦は今日の新聞にも掲載されていますので、ご一読いただければ幸いです。