国道8号の4車線化をリモート陳情

IMG_3913IMG_3902IMG_3900IMG_3920
 8月10日、国土交通省本庁とあわら市役所を結んで、県内初のリモート陳情を実施しました。国道8号の石川県境から笹岡、笹岡から坂井市玄女までの合計14.3㎞の早期着工、早期完成を求めて、長谷川幸治氏らが集めた署名7,000部を滝波参議から大西副大臣に手渡し、佐々木市長、竹内同盟会会長、そして私が口頭で陳情させていただきました。コロナ禍により直接の陳情は見合され、DX技術を利用した新しい陳情の在り方も試行するような形となりました。直接の熱意伝達からリモートによる時間と経費の節約へと新時代には変わっていくのかもしれませんね。いずれにせよ、熱意はしっかり伝えました。署名して下さった市民の皆様方に謹んでご報告するとともに心より感謝申し上げます。有難うございました。


あわら市戦没者追悼式

233723002_5682920458448934_210203275544450068_n
 8月7日、あわら市戦没者追悼式が挙行されました。コロナ禍、県独自の緊急事態宣言下で、来賓や参加者を絞って慎重に感染防止対策をされて進められました。ご遺族からは「やはり、やってもらって良かった」との感想。私も慰霊と感謝の心を込めて一輪の白菊を献花させていただき、ご英霊のご冥福をお祈り申し上げました。


監査の喜び その2

EvnwlIBUYAA7JLG386202348854
 先日、県健康福祉部の障がい福祉課の監査をしていた時に、すっかり忘れていた自分の仕事に出会いました。それも知らぬ間に大きく育って・・・。それは、15年前に私が発案した「ハートフルパーキング」という障がい者や妊産婦、歩行困難な老人などを優先する駐車場が、現在日本全国に広がって40府県で設置され、地元で登録すればほぼ全国で利用できるようになっていたのです。発祥の地である福井県内にも公共と民間の施設に合わせて1564区画が設置されていたのです。びっくりです。当時あわら市出身の品谷義雄さんが健康福祉部長で、県議会の厚生常任委員会で私が幾度も「車椅子Pだけでは足りない。もっと幅広く身体の不自由な方が利用できる駐車場が必要だ」と提言したのを受け止めて下さって、実現したものでした。元々福祉活動をしている時に車椅子バスケ選手から「なかなか専用Pが使えない」と苦情を聞いていたことから発案できたものでしたのでリクエストして下さった方にも感謝です。親は無くとも子は育つ。産み落とした子が巨人に成長していたのを知ることができたのも監査委員になったお蔭ですね。
#ハートフルパーキング
#障がい者用駐車場


監査の喜び その1

225636616_5647194815354832_7654744989555152327_n
 監査をしていると嬉しいこともあります。7月30日は福井県立病院を監査しましたが、今年5月から単独運航を開始したドクターヘリとご対面しました。4年前に静岡県に視察に行き、年間200人の命を救っていると聞いてから、毎回の県議会で導入するよう提言を重ね、ついに一昨年6月の一般質問の答弁に知事が「2年後に導入します」と決断の答弁をし、実現したものです。機体や内装を見ながら操縦士さんの話を聞き、感慨ひとしおでした。3か月で60回の出動と高い稼働率です。今後、多くの県民の生命を救うべく頑張っていただきたいとエールを送りました。