徒歩パトロール1,000㎞達成

246123680_6057845647623078_1081643289051920082_n
 【徒歩パトロール1000㎞達成】
10月17日、徒歩パトロールがついに目標の1,000㎞達成しました。6月20日から一日も欠かさずに続けてきて、本日119日目で実現させることができました。道路や河川、農業施設などを異常が無いかチェックしながら、雨風に吹かれて、あわら市全132区を複数回まわりました。体調の悪い日には5㎞、最高の日で25㎞、車から見るよりはるかに勉強になり、多くの人々ともふれあうことができました。今後も地に足の付いた県民に寄り添う議員として、人と自然に優しい政治を目指します。お世話になった皆様、本当に有難うございました。


国交省福井事務所に陳情

245228023_6050715071669469_1008448163868982552_n245675002_6050716065002703_7980591429177197838_n
 10月15日、国土交通省福井河川国道事務所へあわら市と国道8号線金津地区期成同盟会の要望活動に顧問として同行し、意見を述べました。この朝に7か所の現場を実際に歩き確認して臨みました。3年前に私の坪江後援会が中心となって5千部の署名を副大臣に提出し、今年の8月にも7千部の署名を副大臣に提出し、県境から坂井市玄女までの区間の、早期着工、早期4車線化を強く要望しました。今回もそれとともに、下金屋の排水処理と全面舗装および笹岡から南疋田間の複数回の草刈りを陳情しました。


北潟湖周遊サイクリングロードの陳情

245529731_6044649628942680_2375987413541716568_n245270170_6044649955609314_8411585771161163847_n
 10月14日、北潟湖周遊サイクリングロード建設期成同盟会の顧問として同盟会から県三国土木事務所への要望活動に同行し、意見を述べました。私からは、「コロナ後そして新幹線開業に向けて有望な観光資源を創出するためにも、計画を再開すべきであり、そのためには市と土木事務所が明確な役割分担をし、定期的に協議を進めて着工に漕ぎ付け、眼に見える事業にしてほしい」と要望しました。知事も有望な事業との期待を示しており、私たちも今後、北潟湖のサイクリング利用者の増加実績を上げていく努力も必要です。皆さん、夢に向かって頑張りましょう!


県議会に監査報告

245079481_6039478079459835_5847146614694602833_n245214115_6039478212793155_7955957237747945744_n
 10月13日、福井県議会の予算決算特別委員会の令和2年度決算についての総括審査が行われ、今年は監査委員として議会に監査報告を致しました。6月に就任してから重ねてきた監査は、県財政全体や公営企業などがあり、監査の結果と監査委員会からの意見書を代表監査委員から説明しました。これから議会では各分科会に分かれて決算審査がなされます。


奥越農林総合事務所を監査

245157578_6029807730426870_510298530863816640_n245404312_6029807613760215_6191906286322903582_n
 10月12日、大野にある奥越農林総合事務所を監査しました。先ず、斜面崩壊防止のための灌漑用水路の暗渠化と土石流防止のための治山ダムの現場を視察しました。後者は土木事務所がつくる砂防ダムと連携して県民の安全を守る施設で、上流部を治山ダムが、下流部を砂防ダムが護っています。その他いちほまれの食味特Aの維持や特産の上庄里芋の支援など多くの事業を展開していました。職員の皆さん、これからも厳しい自然環境や農林人口減少に負けずに頑張ってください!


丹生高校と和敬学園を監査

244358184_6008132432594400_7266468020508270845_n (1)
  10月8日、丹生高校と和敬学園に監査で訪れました。丹生高校は、ホッケーの強豪として有名で、全国から生徒が来ており、寮生活を送っています。また、県下で三校実施している中高一貫教育の高校で越前町内の4中学校と連携しています。本年、その三校の実績をまとめ、検証委員会で多角的に分析され、今後の教育に活かしていく取り組みが行われており、私の地元の金津高校にも、是非頑張っていただきたいと思っております。


あわら市から県への重要要望

DSC03046DSC03060DSC03062DSC03054
 10月7日、あわら市から県への重要要望を実施しました。私からは主に北陸新幹線の芦原温泉駅開業に向けて駅周辺の賑わい創出に対するソフト事業や最速列車「かがやき」の朝夕の停車、南中央線や水口-牛ノ谷線の立体交差および北潟湖周遊サイクリングロードの推進などを要望しました。杉本知事からは開業に向けた各駅ソフト事業を一緒にやりたいとの対応があり、土木部からは並行在来線3セク会社との協議開始により2つの立体交差の着工を早めたいということと、サイクリングロードも市との地籍調査と測量などの役割整理によりスピードアップさせたいとの応答がありました。


波松海岸の浜小屋を視察

243964268_5997099473697696_5667012196003286079_n244366017_5997099627031014_4172134211974320371_n
 10月6日、今日は9月定例県議会の最終日。議会前に昨日北潟漁協から要請のあった現場を視察しました。強風の波松海岸の浜小屋前、確かに船を出す砂坂が先日の波浪で大きくえぐり取られており、来春の小女子漁までに復旧させるため当局に対応を求めます。また、北潟湖に沈んでいた船を漁協がボランティアで引き上げ、持ち主不明で処分に困っているという現場も併せて視察しました。今後は県当局と対応について協議し、早期解決を図りたいと考えております。


奥越土木事務所を監査

244048937_5988863011188009_2171737558346870348_n
 10月4日、大野にある奥越土木事務所の監査に入りました。先ず、国、県、大野市で建設した道の駅荒島を視察し、ラウンドアバウト(環状交差点)に設置したLED照明やカヌー体験できる調整池、電気自動車の充電スタンド、オートキャンプ駐車場などを視察し、その後事務所内で監査資料について調査を実施しました。砂防指定が300箇所以上、一級河川が100以上あり、常に災害の危険と隣り合わせの奥越で地域を守る職員さんたちの勇姿が印象的でした。日々ご苦労様です。


べにや再開支援特別番組

AttEzaqRRffkcXn1633630506_1633630541
10月1日、FBC福井放送さんから連絡をいただき、「笹岡さんから頼まれていた“べにやさん復興再開応援の特別番組‘’を明後日放送することをご報告します」とのこと。何せ3年も前のことで頼んだことをすっかり忘れていましたが、この上なく嬉しいご報告に感謝感激しました。べにやさんと市民、旅館組合、ファンの皆様が支え合う温かい関係など芦原温泉の物心ともなる美しさを伝える良い機会をFBCさんにいただきました。この番組は、芦原温泉に大きな自信と元気を与えることでしょう。FBCさん、スポンサーも取らずに全てご負担していただき、素晴らしい特別番組を制作していただきまして本当にありがとうございました。