小浜市を視察

img_2016
 11月10日、産業常任委員会で小浜市を視察しました。先ずは、小浜市役所の観光課からまちづくり会社を活用した観光戦略についてヒヤリングをさせていただきました。その後、特に観光化に力を入れている「小浜市まちの駅」界隈を散策し、その中心施設である「旭座」を視察しました。福井県内で唯一現存する明治期の芝居小屋で、市内住吉区から移築復原したものです。現役の芝居小屋として、落語や公演等の催しも企画されています。
 次に、JA若狭が中心となって展開している大規模ハウス農業を視察しました。国や県が補助金を出してハウスを建て、それをJAが若手農業経営者にリースする形で園芸作物を生産、その産品を農業者がJAに販売委託をして関西の大手スーパーに流通させているものです。この方式で6社のペースで農業法人が増えており、ミディトマトやネギなど地域としての生産力が増加されています。嶺南の安い電力も有効に活用されておりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA