12月県議会の厚生常任委員会

IMG_4227
 12月12日、12月定例県議会の厚生常任委員会が開催されました。私からは、台風19号で71河川が決壊し、今までの洪水ハザードマップを改定する必要が高まり、区長の呼びかけにも住民の9割が避難を断るなど非難が難航した点についても早く正確な情報発信と平素からの啓発が必要であり、いずれも県が市町をバックアップするよう提言しました。また、大幅に減少している地アユについては、安全環境部だけでなく、土木部や農林部と部局横断的な連携をとって取り組んでほしいことや、敦賀で起きたような悲しい介護疲れ殺人が2度と起きないように、再発防止策を検討する検討会が質実できめ細かい政策を出せるよう深い議論を求めました。また、現在準備中のドクターヘリの単独運航の進捗もチェックし、1日も早い運航開始を求めました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA