監査の喜び その2

EvnwlIBUYAA7JLG386202348854
 先日、県健康福祉部の障がい福祉課の監査をしていた時に、すっかり忘れていた自分の仕事に出会いました。それも知らぬ間に大きく育って・・・。それは、15年前に私が発案した「ハートフルパーキング」という障がい者や妊産婦、歩行困難な老人などを優先する駐車場が、現在日本全国に広がって40府県で設置され、地元で登録すればほぼ全国で利用できるようになっていたのです。発祥の地である福井県内にも公共と民間の施設に合わせて1564区画が設置されていたのです。びっくりです。当時あわら市出身の品谷義雄さんが健康福祉部長で、県議会の厚生常任委員会で私が幾度も「車椅子Pだけでは足りない。もっと幅広く身体の不自由な方が利用できる駐車場が必要だ」と提言したのを受け止めて下さって、実現したものでした。元々福祉活動をしている時に車椅子バスケ選手から「なかなか専用Pが使えない」と苦情を聞いていたことから発案できたものでしたのでリクエストして下さった方にも感謝です。親は無くとも子は育つ。産み落とした子が巨人に成長していたのを知ることができたのも監査委員になったお蔭ですね。
#ハートフルパーキング
#障がい者用駐車場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA