大雨で河川パトロール

234128609_5722721354468844_8943874785198108921_n235246862_5717449941662652_7225542385619774440_n
 8月14日、福井県も大雨洪水警報が発令されているので、今朝はあわら市で最も山に近く、河川も急流が集まる劔岳、坪江地区をパトロールして歩きました。清滝川、権世川、熊坂川とも褐色の濁流と化していましたが、現時点では水位もまだ低い状態でした。しかし、今後の降雨次第では一気に増水することもあり得ますので警戒が必要です。
 8月15日、早朝から観音川が心配でパトロールしました。河口の蓮ケ浦から源流の畝市野々まで往復約20㎞を歩いて往復しながら両岸から視察し、水位はもとより水門や樋門、取水口や堰の状況などを見て回りました。やはり牛ノ谷のJRガード下の部分が危うく、堰を廃して川底を下げる必要があると感じました。その他、沢、指中、細呂木ともに水位には余裕がありましたが、最近は北潟湖の水位が高く、排水能力が低下しているため、川の中の浚渫が急がれると思われました。三国土木には既にリクエストしてありますが、盆明けに再度促したいと思います。
 8月16日、大雨も大分落ち着いたところで、あわら市で最も大きな河川の竹田川を中心に、宮谷川、黒谷川、上番排水などをパトロールしました。全て濁りが消えて水量も平常通りでした。ただ、今週は雨が続くので引き続きの警戒が必要です。お盆の3日間で合計45㎞を歩きました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA