参院選に立候補を表明しました。

2月8日、今夏の参議院選挙に福井選挙区から立候補することを表明しました。私が国会でやりたい政策は、①地方重視主義政策(農林水産業の堅持とエネルギー維持など)、②転換国債による国家と地方の財政救済、③原子力レスキュー隊の国有化の大きく3つです。既に自民党から公認されている山崎正昭氏は80才とご高齢で、任期終了時には86才となるため、多くの県民や党員から不安の声が聞こえており、世代交代を願う県民や党員の受け皿になるべく、勇気を持って立ち上がりました。公認候補と戦うために県会自民党を出て、新たに「自民党創政会」を立ち上げて、今後は自由に活動を展開します。どうか皆様、応援宜しくお願い申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA