故・辻一憲さんへの報告

2月12日、辻一憲さんが発見された越前市上真柄の現場に赴き、発見者の梅田さんから詳しいお話を伺い、手を合わすことをお許しいただきました。現場での線香と蝋燭は少し気が引けたので、近くの治佐川川畔に手向け、ご冥福をお祈りするとともに、亡くなってから後の後輩議員たちの頑張りや私の身に起こった事などを報告しました。今日は青年団で友人だった父が辻さんのお父さんからもらった「一彦」という名前を私に命名した日でもあり、梅田さんや梅田さんのお姉様が私の宮谷町の従兄弟たちと深い関係があることなど、不思議なご縁を感じる一日でした。もしかしたら、辻さんのお引き合わせかも知れません。合掌


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA