2月定例会が開会する。

151215322_4855771924497129_1649274189648656340_o
  2月16日、福井県議会の2月定例会が開会しました。午前中の本会議に続いて、午後からは全員協議会で来年度予算、2月補正予算、財政見通し、各種計画などについて説明と質疑がありました。知事から原発再稼働についての議論を議会に投げ掛けられましたが、知事が述べた「使用済み核燃料中間貯蔵の県外立地確定が全てに先立つ前提」ということが現在果たして満たされているのかどうか、知事の断固たる姿勢から急転直下甘くなった変貌ぶりに、県民理解がついていけるのか、議論してくれと言われても議論の材料不足ではないのか、と大半の議員は疑問を抱いているようです。そういう訳で、今議会の議論は大変難しいものになりそうです。


「鳥獣害政策提言」県からの回答

146124944_4802711723136483_5502672793133985102_o
  2月4日、昨年11月に提出した「あわら鳥獣害対策研究会」の政策提言に対する県からの回答が有りました。県農林水産部の中山間地農業・畜産課の杉本課長と山内参事があわらに来られ、地区ぐるみ防護柵の事業拡大、防護柵パトロールや果樹などの誘引物の除去支援、テキサスゲートの配備補助、狩猟免許取得の補助対象拡大など私たちが提案したことが実現するとの回答を示されました。ほぼ提言通りの素早く真摯な対応をいただいた県当局に感謝するとともに、一緒に取り組んで来た仲間たちと共に政策実現の喜びを分かち合うことができて大変嬉しく思います。研究会の皆さん、市民県民のお役に立てて本当に良かったですね。途中で抜ける議員も出る中、最後までよく頑張っていただきました。


大雪対応の検証

142718946_4764587146948941_8375729426188674122_o
 1月26日、県議会の全員協議会で、今回の大雪被害についての県はじめ国、中日本高速、警察、気象台、自衛隊、トラック協会などの関係機関でまとめた反省、分析について議論が行われました。私からは米原や敦賀ジャンクションなどでどうして早目の広域的迂回を実施しなかったのか、前回同様に多くの車が長期滞留してしまった国道8号線の2車線区間である「あわら市笹岡~坂井市玄女」の4車線の予算化を県から国へ強く要請すること、倒壊した県内389棟の農業用ハウスに対して無利子融資だけでなく撤去費や再建費の8~9割の助成をする補助金の創設をすることなどを求めました。中でも農林部長から8割程度の補助金を出す答弁を得ることができました。


あわら市総合振興計画審議会

139462062_4723620524378937_4773173210339502408_o
 1月13日、あわら市総合振興計画の審議会に出席しました。前回、指摘された修正点や現状に即して新しく追加された点が事務局より示され、それに対して再度の意見や質疑が投げ掛けられ、吟味が進みました。私からは、コロナ禍での都市脱出志向の受け皿となる戦略や北陸新幹線開業による京阪神通勤組の支援などを提言させていただきました。


2021あわら市成人式

d0125538_1342640
 1月10日、あわら市成人式が挙行され、276名の新成人が誕生しました。新成人の皆様、誠におめでとうございます。そして、今日までお育てになられたご両親ならびにご家族の皆様方のご苦労に心より敬意と感謝を申し上げます。尚、下記アドレスからライブ中継がご覧になられますので、コロナ感染防止のためにご来場できなかった保護者の皆様方も、立派な新成人のお姿を見てあげてください。
https://www.youtube.com/channel/UCCrLyoFIy-q8bXAm9PxiDrw


厚生常任委員会

130731174_4576047585802899_5481413516891002285_o12月11日、福井県議会の厚生常任委員会が開催され、私からは使用済み核燃料の中間貯蔵施設の問題点を指摘させていただき、県の原発行政への懸念を示しました。また、クマなどの鳥獣害対策、コロナのワクチン接種体制の早期準備、医療従事者の離職の有無、コロナ患者への誹謗中傷の防止策などについて質問と提言をさせていただきました。


12月定例県議会 予算決算特別委員会

132032883_4617344505006540_8961866996254596104_o12月18日、福井県議会の予算決算特別委員会は、付議事件である「一般会計、特別会計および事業会計の予算に係る議案に関すること」、「県財政の運営上および県政上の重要な案件」について審査を行いました。北陸新幹線の開業遅れや原子力行政、年末年始のコロナ対策、除雪対策などの道路行政、多文化共生推進プランなどについて活発な質疑がなされました。


石川県に鳥獣害対策の視察研修会 2日目

IMG_3869IMG_3867IMG_386512月17日、雪深い白山市から小松市に移動し、「ジビエアトリエ加賀の國」さんを視察しました。福岡施設長代理から、ここは南加賀広域圏事務組合3市1町(小松市、加賀市、能美市、川北町)が国からの補助を受けて約1億8千万円を掛けて昨年6月に新築された最新鋭の施設で、商工会議所や飲食店組合、旅館組合などがタッグを組んで需要の確保をしていること、ブランディングに力を入れていること、20代から30代の若いスタッフ4名で運営されていること、施設は工程に従い一方通行で肉が流れて行くこと、施設内でトメサシは一切なく近隣住民と良好な関係でハム工房のような完全な食肉加工場であること、猟友会とも共同体的関係にあることなど詳しくお話をお聴きして大変勉強になりました。


石川県に鳥獣害対策の視察研修会 1日目

IMG_3860IMG_3857131668480_4596071743800483_3617575014171820152_o12月16日、石川県白山市に鳥獣害対策の視察に来ています。私の他に、市議会議員の毛利さん、仁佐さん、室谷さんが参加されています。積雪80cmの中一里野の食肉加工施設に到着しました。クマ、シカ、イノシシなどを猟友会から買い取り、食肉加工して温泉旅館やスキー場のホテルなどに卸す「一般社団法人白山ふもと会」さんを訪れ、千菊会長や白山市の林業水産課の鶴尾課長さんから立ち上げ時のご苦労や運営の方法など詳しくお話を伺い、大変目から鱗の勉強になりました。手厚い対応にも感心しましたが、石川県は福井県より進んでいました。今夜は勉強のために一里野に泊まってジビエ料理を試食し、明日は小松市のジビエアトリエ加賀の國さんを視察します。


防犯隊への激励

IMG_3805IMG_3797IMG_3845
 12月4日、あわら市防犯隊の県下一斉年末警戒活動に対して、激励の言葉を述べさせていただきました。山田昌弘隊長はじめ6支隊の皆さんが、2つの会場に分かれて、第2、3、4支隊は市役所の正庁に、第1、5、6支隊は農業者トレーニングセンターにそれぞれ集合し、市や市議会、あわら警察署から激励の言葉が送られました。私からは日頃の感謝の言葉とともに「今年は龍ケ鼻ダムの死体遺棄事件、祖父による孫娘殺人など悲しい事件があり、また家畜や農産物の窃盗なども続出しました。今後何が起きるか心配されており、防犯隊の皆様には年末に向けて益々パトロールを強化していただきたい」とお願い申し上げました。日夜、自身の自由時間を犠牲にして市民の安心安全のために活動されている防犯隊の皆様には本当に頭の下がる思いです。心より感謝申し上げますとともに、ご活躍をお祈りしております。