ブログ

後援会と自民党支部の合同研修旅行

74531736_3038974112843595_1993831558057820160_n
 11月14日、笹岡一彦後援会と自民党あわら市支部の合同で、日帰り研修旅行を実施しました。午前中は、美浜原電と原子力レスキュー隊を視察しました。最新の地震津波対策と緊急事故に対する対応を勉強しました。午後からは年縞展示館を見学しました。今回は最初の試みでしたが、参加者からの満足度は高く、特に原子力レスキュー隊は私自身が提唱し15年にわたって創設を国や県に求めて来たのが実現したもので、参加者の関心は高く、目の当たりにした感激を口々に述べていただき、私にとっても新たな喜びとエネルギーが溢れてくるのを感じた価値ある旅となりました。


全国都道府県議員研修交流大会に参加

75348949_3036843363056670_6188703528828010496_n
 11月12日、東京の都市センターで全国都道府県議員研修交流大会に出席しました。基調講演では、人口減少する地域社会において、地方議員の役割は益々重くなる。有効な政策立案により、その存在価値を示そうという主旨のお話しを聞きました。まて、分科会では、外国人観光客の誘致に成功している広島県議会、三重県議会の発表を聞きました。色々と持ち帰れる材料集めが出来て有意義な大会となりました。


広域基幹林道「剱ケ岳線」が開通

73071516_2997683070306033_4591155434802380800_o
 10月30日、広域基幹林道「剱ヶ岳線開通式」が挙行されました。林道、観光道路、ハイキングコースなど様々な顔を持つ天空の路の完成です。紅葉シーズンで景観は最高。
私も、16年間この事業に携わって来て、もう来年から予算付けの心配をしなくても良いと思うとホッともしますが、どこか寂しい気もいたしました。
しかしながら、長年の地元の皆様方の悲願が達成され、この目で開通が見られ、林業関係者の喜ぶお顔を拝むことができたことは、無上の感激です。本当に感無量です。
今後は、あわら市や森林組合で枝線となる作業道を整備していかなければなりませんが、私も県議として国や県とのパイプ役としてお役に立てることがあれば、全力で頑張りたいと思います。坪江・剱岳地区の皆様、そして林業関係者の皆様、誠におめでとうございます。


高規格道路推進議連で中央要請

74316894_2989940271080313_4226657902741422080_n
 10月29日、福井県議会の高規格道路推進議員連盟で、財務省、国交省、自民党本部に、舞鶴若狭道路の拡幅、中部縦貫道の延伸などについて要請活動を行いました。今回は、と舞若道期成同盟会の合同要請という形で、嶺南の首長さん方ともご一緒に活動しました。大田主計局長から「財政投融資を利用してドンドン道路を進めてくれるよう国交省に言ってください」との積極的な言葉を得、それを国交省の和田政務官に申し上げました。和田政務官からは「承った。この後自民党本部に行かれるのなら、国土強靭化計画の3年計画は今年度で終わるので、これを5~10年に延長して今回の様な同時多発水害が行ないように言ってください」との注文をいただきました。最後に、自民党本部の稲田幹事長代行にそれをお伝えすると「前向きに考えたい」との回答を得ました。今後とも色々な形で、仲間の皆さんと力を合わせて、福井県の安全安心と経済や観光の基盤となるインフラ整備のために精進していく所存です。


中部縦貫道の視察

74696613_2955714044502936_3420302141087023104_n
73013804_2955714114502929_4870890765074563072_n
 福井県議会の高規格道路推進議員連盟で、中部縦貫道の真名川橋梁現場、荒島第二トンネル掘削現場などを視察しました。国土交通省の副所長はじめ職員の方々や現場のJVの皆さんから詳細な説明を受けながら、厳しい現場環境と闘いながら奮闘されていることを理解しました。特に今は一番お金のかかるトンネル工事が幾本も有り、予算獲得が何より先決。政治の役割を痛感するとともに、福井県の為にその点で議連が頑張っていくことを改めて心に誓いました。


国交省の福井事務所へ要請活動

要望中写真1集合写真29月30日、あわら市から国土交通省福井河川国道事務所に国道8号線についての要望活動を実施致しました。私からは、石川県境から笹岡までが新規事業化されましたが、これと同時期に笹岡から玄女までの区間を完成させることや、轟産業交差点付近の側道に蓋をかぶせて小学生の通学路の安全確保をすること、そして国道をくぐるアンダーパスの照明整備を要望させていただき、いずれも前向きな回答を得られました。
ただ、国道の法面や用地買収済みの土地の草刈が希望通りの回数がなかなか予算的に難しく、この点は課題として国県市が取り組むことに落ち着きました。陳情団の皆さん、お疲れ様でした。


9月議会の厚生常任委員会

IMG_27619月25日、9月定例県議会の厚生常任委員会が開催されました。私からは質問として、台風15号で長期間にわたって停電が招いた二次災害から得た教訓を、本県で起こらないようにどう備えるかという議論をいたしました。これは早期現状把握とかの一般的な防災論ではなく、今回の特殊性をしっかりと捉えて個別具体的に策を練らなければ防げないと申し上げました。例えば、予備的にできる老朽化した電柱の更新や主要道路の電線地中化、HQとなる県庁や土木事務所、そして県水をはじめ各市町の上水の非常用電源整備、電柱が倒れて道路を分断している現場で可能な早期の復旧作業の在り方検討、ブルーシートの備蓄や罹災証明書の早期発行など、平時にできることを進めてほしいと要望いたしました。また、児童虐待については、児童相談所の児童福祉司や児童心理市司の増員が順調に進んでいるかの確認をするとともに、児相職員のストレスケアと親側の教育指導、家庭の貧困解消などについても議論いたしました。そして、ドクターヘリは、運航会社をプロポーざる方式で11月中に決定し、それらと一緒にランデブーポイント調査を進めることを確認しました。


あわら市から県への重要要望

IMG_3688IMG_3689IMG_36919月4日、佐々木あわら市長、山田市議会議長、市の幹部の皆様とともに、杉本知事はじめ県幹部に対して「あわら市の重要要望」を陳情しました。特に今回は、南中央線の立体交差が事業化されたので、その早期着手や、駅周辺整備への支援、鳥獣害対策強化、水道の責任水量の見直しなどに力点を置いての要請となりました。


委員会の県外視察で神奈川県へ

IMG_36868月27~28日と福井県議会の厚生常任委員会の県外視察として、神奈川県議会、湘南ロボケアセンター、神奈川県総合防災センターを視察しました。写真は神奈川県議会前で撮影したものです。ここでは、特区を活用した県独自の保育士試験やSDGsへの取り組みを調査しました。


あわら市の要望をヒヤリング

IMG_3635IMG_36598月13日、あわら市の幹部から県への重要要望事項についてヒアリングを行いました。正副市長、議長、各部局長らから其々の要望の内容や経緯について説明があり、議論や質疑を重ねながら要望ポイントの絞り込みや文章文言の精度に磨きを掛け、来る9月4日の知事要望の準備をしました。あわら市の発展と市民福祉の為に一丸となって。