ブログ

Go!Forward新春号を発刊

IMG_3510IMG_3509私の議員「Go!Forward新春号」を発刊しました。A4判8ページカラー印刷で、12月議会での一般質問および土木警察常任委員会の全質問と答弁をはじめ、国土交通副大臣への国道8号線の早期4車線化を求める署名提出や議員連盟による近畿地方整備局などへの陳情、あわら市内各地、各世代に対する県政報告会、国体や障スポにおける活動報告、新しい県道の県内初の道路標示設置などを掲載しております。


謹賀新年

ZqM748bBhekj7B41546828692_1546828769
皆様、明けましておめでとうございます。
今年も、県民の良き代弁者となれるよう「県民に寄り添う県議会議員」を目指して
初志と信念を貫き通して勇往邁進してまいります。
どうぞ、ご指導の程宜しくお願い申し上げます。


児童の通学路の安全対策

IMG_3480
 12月11日、あわら市に新しく開通した県道芦原・丸岡線の重義-田中々バイパスに、県内初の通学路安全注意の道路マークが施行されました。これは、付近の番田区の子供会会長さんから私に依頼があり、あわら署と県警察にお願いして交通量調査を経て、このほど施工したものです。早速、子供会の会長さんからお礼のメールをいただき、喜んでいただけて本当に良かったです。このマークを見たドライバーの皆様、どうか児童の通学時には減速徐行運転をお願い申し上げます。(旅館 越路の前あたり)


タイヤチェーン義務化に異議

5
12月11日、県議会の土木警察常任委員会で、私からタイヤチェーン義務化の区間として、あわら市の国道8号線(笹岡-熊坂)4㎞が指定されたことで、性急で行き過ぎた規制は生活道路として日常使用する地元に混乱を生み、疲弊させる。営業車と一般車、普通タイヤと冬用タイヤを同等と見なしたり、渋滞の原因となる張り込み的取締りは逆効果で、住民の立場に立った適切な設定や取締りの在り方、丁寧な説明を求めると強く訴えました。


国道8号の4車線化を国土交通副大臣に陳情

IMG_3465IMG_3468IMG_3470IMG_3475
 今年の大雪で1500台が立ち往生しました国道8号線の早期4車線化を求める署名にご協力いただきまして誠に有難うございました。お陰様で5000名を超える署名が集まりまして、11月28日に、稲田朋美先生同行の下、私と佐々木市長と竹内同盟会会長とで、国土交通省の塚田副大臣、森事務次官に陳情し、署名簿を提出させていただきました。国交省側からは、「あわら市民の皆様に大変ご迷惑をかけて申し訳ない。加賀市でも都市計画決定できるように国から計画を提示する。二度とあのような立往生が無いように近畿と北陸の地域整備局にも発破をかける。1日も早い事業化のために努力をする」との回答を得ました。


笹岡一彦後援会の幹部会および臨時総会を開催

IMG_3458IMG_3462IMG_3461
 11月19日、笹岡一彦後援会の幹部役員会と臨時総会を開催しました。丸谷浩二新会長の下、今後のスケジュールや各地区ならびに各部会の会員拡大と、団体や各区などの推薦獲得の活動開始を決定するとともに、事務所の場所や会員旅行などについても協議しました。最後に、農政連の北島友嗣会長による「ガンバロー三唱」して来春の県議会議員選挙の当選を誓い合いました。本当に頼り甲斐のあるメンバーが多数集まって下さって、とても心強く、そして何より有難く、しっかり働いてわが郷土と支持者に必ずや恩返しすることを私自身も心に誓いました。


全国都道府県議会議員研究交流大会に参加

46171923_2164923876915294_4898548078128136192_n46120926_2165055346902147_52165985926046021368_n
11月13日、東京にて「全国都道府県議会議員研究交流大会」に出席しています。近隣の東海北陸、信越の議員や、新幹線沿線の京都、大阪の議員など懐かしい顔にも再会でき、楽しく学ばせていただいております。分科会では、「県民に寄り添う政治家」を目指す私は、「住民との関係強化」というテーマを選びました。


国土交通省 近畿地方整備局に陳情

IMG_3447IMG_3453IMG_3455IMG_3456
 11月5~6日、福井県議会の高規格道路建設促進議員連盟の仲間たちとともに、名古屋にある中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)と大阪にある西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本)、そして国土交通省・近畿地方整備局に、中部縦貫道の延伸、舞鶴若狭道の4車線化、国道8号線の4車線化などを要望する陳情をいたしました。


国土交通省 福井河川国道事務所へ陳情

RIMG0133RIMG04439
 10月26日、国土交通省の福井河川国道事務所に、佐々木あわら市長や森市議会議長、竹内期成同盟会会長らとともに、国道8号線の早期4車線化や雪対策のための高速道路通行止めの回避などを要請いたしました。私からは、「玄女-笹岡までは国体までに二車線供用されたが、50年かかってしまった。すぐに、4車線化の予算獲得をしてほしい。また、笹岡以北の事業認可も計画的に期限を設けて取り組んでほしい」と強く要望いたしました。


障スポ 知的障害者バレーボール競技も大成功

43770226_2104309846310031_1778552683192385536_n
44099532_2105808002826882_8935506732923224064_n44119780_2106484676092548_573852603348156416_n44054652_2106484772759205_1368785242348847104_n
 10月12~14日、あわら市のトリムパーク体育館で開催された「全国障害者スポーツ大会 福井しあわせ元気大会 知的障がい者バレーボール競技」は、あわら市や県内バレー協会、ボランティアや学生の皆様などのご協力により、成功裡に終えることができました。選手にも気持よくプレーしてもらえたようで、今後の社会生活に向けて自信と誇りを手にした大会になってくれれば幸いです。国体バレーボールから障スポのバレーボールまで、合計8日間にわたって頑張ってくれたあわら市バレーボール協会の仲間に心より労いの言葉を贈ります。お疲れ様、そして、有難うございました。私も大会主管者のあわら市バレーボール協会会長として、責任を果たせたことに深く安堵しております。