ブログ

国土交通省 福井河川国道事務所へ陳情

RIMG0133RIMG04439
 10月26日、国土交通省の福井河川国道事務所に、佐々木あわら市長や森市議会議長、竹内期成同盟会会長らとともに、国道8号線の早期4車線化や雪対策のための高速道路通行止めの回避などを要請いたしました。私からは、「玄女-笹岡までは国体までに二車線供用されたが、50年かかってしまった。すぐに、4車線化の予算獲得をしてほしい。また、笹岡以北の事業認可も計画的に期限を設けて取り組んでほしい」と強く要望いたしました。


障スポ 知的障害者バレーボール競技も大成功

43770226_2104309846310031_1778552683192385536_n
44099532_2105808002826882_8935506732923224064_n44119780_2106484676092548_573852603348156416_n44054652_2106484772759205_1368785242348847104_n
 10月12~14日、あわら市のトリムパーク体育館で開催された「全国障害者スポーツ大会 福井しあわせ元気大会 知的障がい者バレーボール競技」は、あわら市や県内バレー協会、ボランティアや学生の皆様などのご協力により、成功裡に終えることができました。選手にも気持よくプレーしてもらえたようで、今後の社会生活に向けて自信と誇りを手にした大会になってくれれば幸いです。国体バレーボールから障スポのバレーボールまで、合計8日間にわたって頑張ってくれたあわら市バレーボール協会の仲間に心より労いの言葉を贈ります。お疲れ様、そして、有難うございました。私も大会主管者のあわら市バレーボール協会会長として、責任を果たせたことに深く安堵しております。


福井しあわせ元気国体が大成功

43059078_2088138234593859_7743186277834424320_n43035541_2089269384480744_3553237426212175872_nIMG_3418IMG_3436
 10月4日に開会式が行なわれて「福井しあわせ元気国体 バレーボール競技」は、5日からあわら市のトリムパーク体育館で成年女子の部が始まり、私も県バレーボール協会副会長として会場責任者という立場で、8日までの5日間まで関係者の皆様とともに国体に携わりました。何年も前から視察、計画策定、準備、打ち合わせ会議、抽選会、プレ大会の実施、反省など準備を進めてまいりましたが、多くの皆様方のご協力により、全て滞りなく成功しました。これも日本、そして県および市バレーボール協会員、県および市職員、ボランティアの皆様や高校生競技補助員、小中学生応援団の皆様、救護班、消防署や防犯隊、ふるまい関係や出店者皆様のご協力のお蔭と感謝申し上げます。
 最後に、大会運営にともに苦労したスタッフたちと一緒に記念撮影。皆んな本当によく頑張って下さいました。責任者として心より感謝申し上げます。有難うございました。本県選手団が天皇杯、皇后杯をダブル受賞したことは、私たちにとって最高の喜びであり、ご褒美でした。


笹岡一彦後援会だより 創刊号

43127974_2085891511485198_4293027293632135168_n
 10月3日、笹岡一彦後援会から「後援会だより創刊号」が発行されました。ほぼ同時期に発行された私の議員広報「Go forward 秋号」とともに、今月のタウン誌「おちょきん」に折り込まれておりますので、ご一読いただければ幸いです。
「後援会だより」の内容は、丸谷浩二新会長(元あわら市議会議長)と新体制、新役員のご紹介、そしてあわら市内の13地区に各地区後援会と6つの分野別世代別の部会、事務局と併せて20のセクションが設立されたこと、長年ご功績のありました故小林豊前会長に対する感謝の追悼文などとなっております。


土木警察常任委員会

⑤
 9月7日、県議会の土木警察常任委員会が開催され、私からは国体での警備体制、警察署の接見室の逃走防止策、国道8号線の雪対策、県有施設のブロック塀の安全対策、橋やトンネル等の点検、液状化現象対策などについて質問しました。国体の警備については、平成天皇皇后両陛下最後の国体となり、「良い思い出を残していただきたい」という県民の願いを受け、しっかり警備してほしいとの要望に対して、本部長も「国民との親愛の場づくりを念頭に警備したい」との答弁を得ました。また、国道8号線の雪対策でも、新たな大雪対策として石川県との県境の除雪体制を強化したことを確認できました。


9月県議会で一般質問に立つ。

①
 9月5日、台風の翌日、県議会の一般質問に立ちました。これで連続7回の一般質問となりました。今回は、芦原温泉駅と周辺整備への支援強化、新幹線の地方負担の抑制、農機補助制度の拡充、大手ホテル誘致補助金の勝算、国道8号線の雪対策などについて提言と質疑をさせていただきました。今回に限り、福井国体の直前ということで、国体用のユニフォームポロシャツ着用で行いました。


台風21号通過後のパトロール

IMG_3393
 9月5日、台風21号はまともにあわら市にも襲来し、今回は雨量はそれ程でもなく、川や湖の増水は心配ありませんでしたが、風速40㎞を越える大変な強風が吹き荒れ、民家や農産物にも被害が出ました。そこで、いつものように早朝あわら市内をパトロールいたしました。幸い街路樹の倒木はありませんでしたが、道路脇の雑木が道路に倒れ込んでいる箇所があり、風の強さを物語っておりました。しかし、大事には至らず安堵いたしました。


委員会視察

IMG_3322IMG_3350 8月7日、県議会の土木警察常任委員会で、公安委員会の運転免許センターを視察しました。今回のテーマは、高齢者の交通事故を減少させるための施策であり、特に加害者としての事故が増えている状況の中、「認知症テスト」を実際体験してみて、その内容を吟味する時間を持ちました。ただ、神奈川県の90才女性の事故や福井県の75才女性の事故など、認知症でない高齢者の引き起こした事故が多く、私からは安全確認や操縦技術などについて問題をチェックする「運転能力テスト」が受講すれば全員合格となることが、一つの穴となっているのではないかと指摘させていただくとともに、自動車学校で実施している「運転能力テスト」で異常のあるドライバーは、公安委員会で再テストすることを提言いたしました。


あわら市から県への要望活動

IMG_3258IMG_3263IMG_3280IMG_32837月30日、あわら市から県への要望活動として、佐々木市長や森議長らとともに西川知事に陳情しました。今回は、佐々木市長のデビュー戦でもあり、緊張感もありましたが、冗談を挟みながら、真剣な中にも柔らかい雰囲気づくり役に回るとともに、継続的な案件については経緯説明をさせていただきました。市の部長さんたちも落ち着いて内容説明をされ、知事も評価していました。あわら市は現在も、市長、市議会、県議が力を合わせて仕事をしております。


県議会の議連で国に陳情

IMG_3187IMG_3195
 7月13日、福井県議会の高規格道路議員連盟で国交省、財務省、自民党、公明党に陳情し、中部縦貫の延伸と国道8号線の早期4車線化を要望しました。国交省の高橋克法政務官は私の大学の2年後輩に当たり、「大雪で1500台立往生した国道8号あわら市区間を早く4車線化して先輩の顔を立てて」と申し上げたら、政務官も上手に受けていただき、一気に場が盛り上がりました。その他、自民党の竹下亘総務会長、公明党の井上幹事長、稲田朋美衆議院議員、財務省で本県出身の中山光輝主計官にも要望し、精力的な一日を手応えを感じながら終えることができました。