理念・政策

私の政治理念

ふくいを「前へ」

世代交代。必要なのは”働き盛り”

笹岡一彦の政策2022

  • 景気と雇用の回復

    コロナ禍で苦境に喘ぐ県内経済に対して、国から切れ間の無い経済支援を打ち続けることで、福井県と市町の財政、そして県内の各事業と企業の経営を支え、働く県民の雇用と生活をしっかりと支えてまいります。

  • 医療と福祉、子育て支援サービスの充実

    コロナ禍の最前線に立つ医療従事者を国でサポートし続け、医師・看護師の不足を解消するように努めるとともに、弱者を社会全体で守るため福祉の向上と子育て支援サービスの充実を図ります。

  • 文化・スポーツの振興

    コロナ禍で疲弊した県内の文化・芸能・スポーツの息吹を取り戻すために、国の支援政策を追加し、プロバスケ県民球団設立はじめスポーツの振興を応援し、子どもたちに夢のある福井県の未来をプレゼンします。

  • 防災力の強化

    地球温暖化による自然災害の多発と活動期に入った地震の頻発に対して、国と福井県の防災力強化のために、福井空港にハイレベルの国立レスキュー隊を創設し、福井は元より航空機で日本全土と近隣諸国に駆け付けます。

  • 地方重視政策の推進

    地方は、国家や都市に対して、農林水産業を通じて食糧、発電所によるエネルギー、自衛隊員輩出による防衛力など三大安全保障を支えてきたのに、地方より都市中心の政策に偏る今、地方を重視する政策を取り戻します。

  • 北陸三県『副首都』構想の提案

    太平洋側にある東京、名古屋、大阪などは同じ地震や津波で同時に壊滅し、機能がマヒしてしますリスクがあります。この危機を回避するには津波の影響を受けない日本海側のほぼ中央に位置する北陸三県に首都代替機能を置くことが求められます。三人の新知事とスクラムを組み、候補地として手を上げ、実現するように努めます。

  • 国と地方の財政再建

    国の国債残高は既に1,000兆円を遥かに超えて、もう完済できない状態になっており、日本の信用度がAAAからAとなりました。笹岡一彦が提唱する「転換国債法案」により国債から国資(国の資本)に転換して元金を減少させ、それを自社株買いのように買い戻せば国の借金はゼロとなるのも可能です。笹岡一彦はこの政策実現により国家財政の救済に挑戦します。